交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所

問い合わせ

HOME > 事故直後~治療中の方へ > 治療中の賠償

治療中の賠償

治療中の損害賠償

交通事故被害の損害賠償は、治療中から徐々に・随時に請求していきます。
その損害項目は事案により様々ですが、主なものをご紹介します。

治療費

加害者が任意保険に加入している場合、その保険会社に随時、治療費を請求していきます。
相手保険会社(加害者側の保険会社)から病院へ直接支払われることもあれば、病院が保険会社からの直接支払を受け付けないこともあり、その場合は被害者ご自身で支払ってから相手保険会社に請求していくことになります。
ただし、相手保険会社から支払われるのは、あくまで必要かつ相当な範囲の治療費です。
この点については、「治療費の賠償」ページをご覧いただくか、当法律事務所へご相談ください。

入院に伴う諸費用

入院をすると、日用品(寝具、衣類、洗面具等)、通信費(電話代、切手代等)、新聞雑誌代などの諸雑費が必要になったり、近親者の付添のための費用が生じたりします。
これらも、相手保険会社に随時、請求していきます。支払われるのは、必要かつ相当な範囲の費用となります。

通院交通費

通院のための交通手段としては、電車、バス、タクシー、自家用車などが考えられます。
電車・バスの料金については、被害者本人が通院のため現実に支出した費用の全額が損害として賠償が認められます。
タクシー代については、タクシー利用の必要性・相当性が認められる必要があります。
自家用車を利用した場合は、その必要性・相当性があれば、往復のガソリン代や高速道路料金、病院等の駐車場料金などが認められます。

休業補償(休業損害)

交通事故のために一定期間仕事ができなくなり、その間の収入が減ったり失われたりすると、生活への支障が出てきます。
そこで、その休業補償(休業損害の賠償)を、随時請求していきます。
その金額については、被害者側の計算と加害者側の計算とが食い違うことは多々あります。
とはいえ、休業による収入の減少は日々生じているので、治療を終えて損害の全容を確定させるまでは、ひとまず加害者側が認める範囲で支払を受けておきます。これは、被害者側からみれば、内払いということになります。

争いが生じたら

治療中の争い

治療中の損害賠償をめぐって、治療中から争いが生じることもあります。
たとえば、既に受けた治療について相手保険会社から必要かつ相当な範囲を超えていると言われたり、ひとまず受け取った休業補償だけでは日々の生活に不足するため追加の請求をしていく等が考えられます。

治療後の争い

治療を終え、後遺障害の有無・等級が確定すると、損害の全容を確定させ、その全容について賠償請求することとなります。
その際、既に支払われた費用は、既払金として差し引きます。
ところが、既払金の中に不相当な部分があったり、過失相殺が認定されたりなど、既払金が未払金に充当されることがあります。

治療中から弁護士にご依頼を

交通事故被害の損害賠償は、全容は治療後になるのですが、その検討は治療中に遡るわけです。
このため、治療中から弁護士にご依頼なさることをおすすめします。

ホームホーム
弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
電話相談(無料)電話相談(無料)
交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用
事故直後~治療中の方へ事故直後~治療中の方へ
警察への対応警察への対応
保険会社への対応保険会社への対応
治療の留意点治療の留意点
治療中の賠償
後遺症(後遺障害)の賠償後遺症(後遺障害)の賠償
解決までの流れ解決までの流れ
保険会社との折衝保険会社との折衝
後遺症・後遺障害後遺症・後遺障害
治療費の賠償治療費の賠償
休業補償(休業損害の賠償)休業補償(休業損害の賠償)
後遺障害逸失利益の賠償後遺障害逸失利益の賠償
交通事故の慰謝料交通事故の慰謝料
死亡事故の賠償死亡事故の賠償
保険会社との折衝保険会社との折衝
死亡事故の逸失利益死亡事故の逸失利益
死亡事故の慰謝料死亡事故の慰謝料
自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準
交通事故の過失割合・過失相殺交通事故の過失割合・過失相殺
示談か裁判(訴訟)か示談か裁判(訴訟)か
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
交通事故の解決事例交通事故の解決事例
弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い
お問い合わせお問い合わせ
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ