交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所

問い合わせ

脊髄損傷

脊髄損傷とは

脊髄は、脊椎の中にある神経の束です。
脊髄損傷とは、脊髄が損傷したことにより、損傷した脊髄神経に支配された体の部位(上肢・下肢)に、麻痺が残る後遺障害です。

脊髄損傷の症状

1. 麻痺

脊髄損傷は、上肢や下肢に麻痺を生じさせます。その麻痺は、後遺障害の等級認定において、麻痺の範囲として四肢麻痺、片麻痺、対麻痺、単麻痺に区分され、麻痺の程度として高度、中等度、軽度に区分されています。それぞれ以下の通りです(労災の認定基準に準じ、厚生労働省労働基準局長による平成15年8月8日付け「神経系統の機能又は精神の障害に関する障害等級認定基準について」によります)

  • (1)麻痺の範囲
    • 四肢麻痺・・・両側の四肢の麻痺(両手と両足とも麻痺)
    • 片麻痺・・・・一側上下肢の麻痺(片側の手足とも麻痺)
    • 対麻痺・・・・両下肢または両上肢の麻痺(両手とも麻痺、または両足とも麻痺)
    • 単麻痺・・・・上肢または下肢の一肢のみの麻痺(片手が麻痺、または片足が麻痺)
  • (2)麻痺の程度
    • 高度・・・・・障害のある上肢または下肢の運動性・支持性がほとんど失われ、障害のある上肢または下肢の基本動作(下肢においては歩行や立位、上肢においては物を持ち上げて移動させること)ができないもの。
    • 中等度・・・・障害のある上肢または下肢の運動性・支持性が相当程度失われ、障害のある上肢または下肢の基本動作にかなりの制限があるもの。
    • 軽度・・・・・障害のある上肢または下肢の運動性・支持性が多少失われており、障害のある上肢または下肢の基本動作を行う際の巧緻性及び速度が相当程度損なわれているもの

2. 併発する症状

脊髄損傷により麻痺のほかに併発する症状として、血圧低下、呼吸機能の低下、排尿排便機能の低下などがあります。

交通事故による脊髄損傷の後遺障害等級

脊髄損傷は、交通事故による後遺障害の等級としては、以下の表の通り、1級、2級、3級、5級、7級、9級、12級に区分されています。
(別表第1、別表第2とは、自動車損害賠償保障法施行令第2条の別表を指します。「認定基準」は、労災の認定基準に準じ、厚生労働省労働基準局長による平成15年8月8日付け「神経系統の機能又は精神の障害に関する障害等級認定基準について」によります。)

別表第1

等級 介護を要する後遺障害
認定基準
1級1号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの

「せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、常に他人の介護を要するもの」
以下のものが該当する。
(ア)高度の四肢麻痺が認められるもの
(イ)高度の対麻痺が認められるもの
(ウ)中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
(エ)中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの

2級1号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

「せき髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、随時介護を要するもの」
以下のものが該当する。
(ア)中等度の四肢麻痺が認められるもの
(イ)軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの
(ウ)中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要するもの

別表第2

等級 後遺障害 認定基準 
3級3号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、せき髄症状のために労務に服することができないもの」
以下のものが該当する。
(ア)軽度の四肢麻痺が認められるもの
(イ)中等度の対麻痺が認められるもの
5級2号
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
「せき髄症状のため、きわめて軽易な労務のほかに服することができないもの」
以下のものが該当する。
(ア)軽度の対麻痺が認められるもの
(イ)一下肢の高度の単麻痺が認められるもの
7級4号
神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの

「せき髄症状のため、軽易な労務以外には服することができないもの」
一下肢の中等度の単麻痺が認められるものが該当する。

9級10号
神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
「通常の労務に服することはできるが、せき髄症状のため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの」
一下肢の軽度の単麻痺が認められるものが該当する。
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの 「通常の労務に服することはできるが、せき髄症状のため、多少の障害を残すもの」運動性、支持性、巧緻性及び速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残すものが該当する。
また、運動障害は認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められるものも該当する。

ホームホーム
弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
電話相談(無料)電話相談(無料)
交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用
事故直後~治療中の方へ事故直後~治療中の方へ
警察への対応警察への対応
保険会社への対応保険会社への対応
治療の留意点治療の留意点
治療中の賠償治療中の賠償
後遺症(後遺障害)の賠償後遺症(後遺障害)の賠償
解決までの流れ解決までの流れ
保険会社との折衝保険会社との折衝
後遺症・後遺障害後遺症・後遺障害
むちうち(頚椎捻挫等)むちうち(頚椎捻挫等)
高次脳機能障害高次脳機能障害
脊髄損傷
低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症
治療費の賠償治療費の賠償
休業補償(休業損害の賠償)休業補償(休業損害の賠償)
後遺障害逸失利益の賠償後遺障害逸失利益の賠償
交通事故の慰謝料交通事故の慰謝料
死亡事故の賠償死亡事故の賠償
保険会社との折衝保険会社との折衝
死亡事故の逸失利益死亡事故の逸失利益
死亡事故の慰謝料死亡事故の慰謝料
自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準
交通事故の過失割合・過失相殺交通事故の過失割合・過失相殺
示談か裁判(訴訟)か示談か裁判(訴訟)か
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
交通事故の解決事例交通事故の解決事例
弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い
お問い合わせお問い合わせ
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ