交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所

問い合わせ

HOME > 後遺症(後遺障害)の賠償 > 休業補償(休業損害の賠償)

休業補償(休業損害の賠償)

交通事故による休業補償(休業損害)とは

交通事故による休業補償を、通常、休業損害の賠償といいます。
休業損害とは、これ以上治療を続けても改善しない状態(症状固定)までの療養期間中に、休業し、または十分に働くことができなかったことによって生じる、収入の喪失です。この喪失分を損害として賠償するのが、休業損害の賠償ということになります。

休業補償(休業損害)の計算方法

交通事故による休業補償(休業損害)の賠償額を算定する一般的な計算式は次の通りです。

〔休業損害の一般的な計算式〕
事故前の収入(基礎収入)の日額 × 症状固定までの休業日数


しかし、そう単純には算定できないこともあります。
以下、被害者の方の労働形態ごとに、ご説明します。

労働形態と休業補償(休業損害)

(1) 給与所得者の場合

給与所得者の休業損害は、事故前の収入を基礎として、受傷によって休業したため現実に収入が減少した分が賠償の対象となります。
その資料として、一般的には、勤務する会社に「休業損害証明書」や「賞与減額証明書」を発行してもらいます。「休業損害証明書」には、事故前3か月間の給与の額や、交通事故を原因とする欠勤・有給休暇取得の日数、遅刻・相対の回数、それらにより減額した給与の額などを記載する欄があります。「賞与減額証明書」には、交通事故を原因とする欠勤によりボーナスを減額したことなどを記載する欄があります。これらを、いわば第三者が作成した客観的な資料として、休業損害の賠償請求をすることになります。

(2) 事業所得者の場合

商工業者、農林水産業者、自営業者、自由業者などの事業所得者の場合です。
この場合も、休業損害の賠償が認められるためには、現実の収入減を要します。ただし、事業所得者の場合、事故がなかった場合の収入や、事故を原因とする収入減を、厳密に判断するのは難しいことがあります。一定期間、まったく事業をすることができなかった事情があれば、事故前の申告所得額を基礎収入として、その日額に休業期間の日数を乗じて計算することが多く行われますが、これは簡易な方法です。
また、休業中の固定費(家賃、従業員給料など)の支出は、事業の維持・存続のために必要やむを得ないものは損害として賠償が認められます。

(3) 会社役員の場合

会社役員の報酬については、労務提供の対価部分の減収は休業損害といえますが、実質的に利益配当である部分の減収は休業損害の賠償から除外されます。単純に減収分が休業損害として賠償されるわけではないということになります。
役員報酬のうち、どれぐらいの割合が労務提供の対価部分であるかについては、会社の規模、利益状況、同族会社か否か、その役員の地位・職務内容・報酬額など、諸般の事情を考慮して判断されます。
横浜都筑法律事務所の弁護士が担当してきた交通事故案件で、休業損害の賠償が大きな争点となる場合、被害者の方が会社役員であり、特に同族会社の役員であるというケースが多くあります。役員報酬のうち、実質的な利益配当部分を除いた、労務提供の対価部分は何割かが争点です。事案によって、事故前に実際にどれだけの労働をしていたのか、あるいは、事故前の労働量に比べ事故後にどれだけの労働量が減ったのか等が問題となります。

(4) 家事従事者の場合

家事労働は、現実に収入を得るものではありません。しかし、最高裁は、家事労働も財産上の利益を生ずるものであり、これを金銭的に評価することが不可能といえないとして、事故による負傷のため家事労働に従事することができなかった期間について財産上の損害と認めています(最高裁昭和49年7月19日判決、最高裁昭和50年7月8日判決)。
専業で家事に従事している方の場合、原則として、賃金統計(賃金センサス)を基礎収入として、受傷のため家事労働ができなかった期間について休業損害の賠償害を計算します。他の仕事と兼業で家事に従事している方の場合は、現実収入の金額と賃金統計(賃金センサス)を比較して、高い方を基礎収入とします。現実収入と家事労働分の合算は認めないのが一般的です。

(5) 無職の方の場合

失業者の場合、労働能力と労働意欲があり、事故による療養期間中に、事故がなければ再就職していたであろう蓋然性があれば、休業損害の賠償が認められやすくなります。基礎収入としては、失業前の現実収入の額や、再就職したはずだったと予測される職業、性別、年齢など諸般の事情から判断されますが、平均賃金よりは下回る可能性があります。
学生・生徒等の場合、原則として休業損害の賠償は認められませんが、事故を原因とするアルバイト収入の減少や、就職の遅れによる損害は、一般に賠償が認められています。

(6) 高齢者

高齢者の場合、原則として休業損害の発生は認められないとされています。ただし、就労の蓋然性があれば、休業損害の賠償が認められることはあります。

事故後の収入の変化と休業補償(休業損害)の関係

以上でご説明したことからすると、交通事故により収入の減少があっても、ちゃんとした証明書を発行してくれる会社の給与所得者でない場合、減収の全てについて休業補償(休業損害の賠償)が認められるとは限らないということになります。また、給与所得者であっても、事故前の勤続年数や勤務状況等を踏まえた昇級が事故後にあれば、その昇級後に得られるはずだった収入が事故によりどれだけ減少したかを検討する必要が生じます。
休業補償(休業損害の賠償)については、事故後に収入がどう変化し、そのうち事故を原因とする減収がどれぐらいかを検討することになります。そして、この検討は、後遺障害逸失利益の検討にも影響します。

ホームホーム
弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
電話相談(無料)電話相談(無料)
交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用
事故直後~治療中の方へ事故直後~治療中の方へ
警察への対応警察への対応
保険会社への対応保険会社への対応
治療の留意点治療の留意点
治療中の賠償治療中の賠償
後遺症(後遺障害)の賠償後遺症(後遺障害)の賠償
解決までの流れ解決までの流れ
保険会社との折衝保険会社との折衝
後遺症・後遺障害後遺症・後遺障害
治療費の賠償治療費の賠償
休業補償(休業損害の賠償)
後遺障害逸失利益の賠償後遺障害逸失利益の賠償
交通事故の慰謝料交通事故の慰謝料
死亡事故の賠償死亡事故の賠償
保険会社との折衝保険会社との折衝
死亡事故の逸失利益死亡事故の逸失利益
死亡事故の慰謝料死亡事故の慰謝料
自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準
交通事故の過失割合・過失相殺交通事故の過失割合・過失相殺
示談か裁判(訴訟)か示談か裁判(訴訟)か
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
交通事故の解決事例交通事故の解決事例
弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い
お問い合わせお問い合わせ
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ