交通事故の解決事例3

過失割合編

交通事故の解決事例3

過失割合編

横浜都筑法律事務所の弁護士が担当してきた交通事故の解決事例のうち、過失割合に関して、ごく一部ですがご紹介します。


解決事例(過失割合について)

交通事故の過失割合については、相手主張と比較すると依頼者の方に有利に解決できた事例は数多くあります。
ここでは、基本的な過失割合とされている基準と比較して有利に解決できた事例を一部ご紹介いたします。事案ごとに状況は様々ですので、皆様それぞれの事故について具体的なことはご相談いただければと思います。
 

追突で過失ゼロ

〔基本〕四輪車同士の追突事故の過失割合は、基本的な過失割合は、追突した側が100%、追突された側は0%とされています。
〔当方〕追突した側
〔結果〕当方過失ゼロ・相手過失100%
 

相手優先道路で当方過失20%

〔基本〕信号機のない交差点における自転車と四輪車との事故で、四輪車側が優先道路の場合、基本的な過失割合は、自転車50%、四輪車50%とされています。
〔当方〕優先道路でない側
〔結果〕当方過失20%・相手過失80%


損害賠償額について

交通事故被害の損害賠償額については、事例として、加害者側の提示と最終的な結果を対比してご紹介します。相手主張に対し増額した案件は数多くあり、以下はそのごく一部です。ただし、被害者の方のことや、弁護士の守秘義務、倫理など諸般の考慮により、金額以外の情報は割愛させていただいております。
 
◆〔提示〕約3,900万円 ⇒ 〔結果〕約5,000万円
 
◆〔提示〕約830万円 ⇒ 〔結果〕約1,660万円
 
◆〔提示〕約1,220万円 ⇒ 〔結果〕約3,890万円
 
◆〔提示〕約320万円 ⇒ 〔結果〕約570万円
 
◆〔提示〕約680万円 ⇒ 〔結果〕約1,300万円
 
◆〔提示〕約2,500万円 ⇒ 〔結果〕約3,800万円
 
◆〔提示〕約53万円 ⇒ 〔結果〕約106万円
 
◆〔提示〕約830万円 ⇒ 〔結果〕約1,720万円
 
◆〔提示〕約64万円 ⇒ 〔結果〕約270万円
 
◆〔提示〕約1,100万円 ⇒ 〔結果〕約1,500万円
 
◆〔提示〕約1,340万円 ⇒ 〔結果〕約1,710万円
 
◆〔提示〕約340万円 ⇒ 〔結果〕約520万円
 
◆〔提示〕約300万円 ⇒ 〔結果〕約500万円
 
◆〔提示〕約1,100万円 ⇒ 〔結果〕約1,500万円
 
◆〔提示〕0円 ⇒ 〔結果〕約1,500万円
 
◆〔提示〕約400万円 ⇒ 〔結果〕約1,800万円
 
◆〔提示〕約1,800万円 ⇒ 〔結果〕約3,100万円
 
◆〔提示〕約320万円 ⇒ 〔結果〕約570万円
 
◆〔提示〕約750万円 ⇒ 〔結果〕約1,230万円
 
◆〔提示〕約560万円 ⇒ 〔結果〕約1,200万円
 
※以上は、相手保険会社から提示があった後にご依頼いただいたケースのうち、ごく一部の例です。

交通事故被害の弁護士相談MENU
交通事故被害の相談交通事故被害の相談

交通事故に関する弁護士費用交通事故に関する弁護士費用

交通事故の解決事例交通事故の解決事例

交通事故の解決事例①交通事故の解決事例①

交通事故の解決事例②交通事故の解決事例②

交通事故の解決事例③

ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ

電話相談(無料)電話相談(無料)

お問い合わせお問い合わせ

事故直後~治療中の方へ事故直後~治療中の方へ

警察への対応警察への対応

保険会社への対応保険会社への対応

治療の留意点治療の留意点

治療中の賠償治療中の賠償

後遺症(後遺障害)の賠償後遺症(後遺障害)の賠償

解決までの流れ解決までの流れ

保険会社との折衝保険会社との折衝

後遺症・後遺障害後遺症・後遺障害

治療費の賠償治療費の賠償

休業補償(休業損害の賠償)休業補償(休業損害の賠償)

後遺症逸失利益の賠償後遺症逸失利益の賠償

交通事故の慰謝料交通事故の慰謝料

死亡事故の賠償死亡事故の賠償

保険会社との折衝保険会社との折衝

死亡事故の逸失利益死亡事故の逸失利益

死亡事故の慰謝料死亡事故の慰謝料

自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準

交通事故の過失割合過失相殺交通事故の過失割合過失相殺

示談か裁判(訴訟)か示談か裁判(訴訟)か

弁護士と司法書士、行政書士の違い弁護士と司法書士、行政書士の違い

交通事故・お問い合わせの参考交通事故・お問い合わせの参考
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンク一覧リンク一覧

サイトマップサイトマップ