交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所

問い合わせ

HOME > 事故直後~治療中の方へ

事故直後の対応

まずは警察・救急車

交通事故の人身被害に遭われたら、まず警察へ通報し、救急車を呼んでください。

現場での情報収集

現場で被害者ご自身が行動できる場合は、加害者の氏名・住所・連絡先・任意保険会社や、加害車両のナンバー等、できるかぎりの情報を収集(メモ)しておくのが理想的です。
ただし、被害者ご自身は怪我のため現場で行動できないことがあるなど、状況により情報収集の時期や方法は異なってきます。
また、もし可能であれば、現場や車両等を撮影し、目撃者がいないか探しておきたいところです。
さらに、事故状況を撮影した映像が見つかれば(例えばコンビニ)、役に立つことがあります。

連絡

連絡すべきところとしては、ご家族、勤務先や、ご自身が加入している任意保険会社等が考えられます。
ご自身が任意保険に加入していない場合、ご家族が加入している任意保険会社があれば、そこへ連絡しておいたほうがいいでしょう。

交通事故証明書の取得

交通事故の発生を証明する公的文書として、「交通事故証明書」というものがあります。
警察庁所轄の自動車安全運転センターから当事者等へ交付されるのですが、交付を受けるには申請が必要です。申請用紙は警察署にあります。
交通事故証明書は、発生日時、発生場所、当事者の住所・氏名・車両ナンバー・自賠責保険などを記載しています。
これらは交通事故の損害に対応するうえで重要な情報です。交通事故の発生を証明するとともに、それら情報を把握するために、なるべく早めに交通事故証明書を申請・取得する必要があります。
当法律事務所へ交通事故の損害賠償請求をご依頼いただいた場合は、代理人として申請・取得することができます。

早めに弁護士にご相談・ご依頼を

交通事故の被害に遭われた直後は、弁護士にご相談・ご依頼することになかなか思い至らないかもしれません。
しかし、後の損害賠償に影響しうることは交通事故の直後から生じます。
交通事故の被害に遭われたら、なるべく早めに弁護士にご相談・ご依頼なさることをおすすめします。

警察、保険会社、治療、損害賠償等について

これらについては、次ページ以下をご覧ください。

ホームホーム
弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
電話相談(無料)電話相談(無料)
交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用
事故直後~治療中の方へ
警察への対応警察への対応
保険会社への対応保険会社への対応
治療の留意点治療の留意点
治療中の賠償治療中の賠償
後遺症(後遺障害)の賠償後遺症(後遺障害)の賠償
解決までの流れ解決までの流れ
保険会社との折衝保険会社との折衝
後遺症・後遺障害後遺症・後遺障害
むちうち(頚椎捻挫等)むちうち(頚椎捻挫等)
高次脳機能障害高次脳機能障害
脊髄損傷脊髄損傷
低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症
治療費の賠償治療費の賠償
休業補償(休業損害の賠償)休業補償(休業損害の賠償)
後遺障害逸失利益の賠償後遺障害逸失利益の賠償
交通事故の慰謝料交通事故の慰謝料
死亡事故の賠償死亡事故の賠償
保険会社との折衝保険会社との折衝
死亡事故の逸失利益死亡事故の逸失利益
死亡事故の慰謝料死亡事故の慰謝料
自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準
交通事故の過失割合・過失相殺交通事故の過失割合・過失相殺
示談か裁判(訴訟)か示談か裁判(訴訟)か
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
交通事故の解決事例交通事故の解決事例
弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い
お問い合わせお問い合わせ
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ