横浜・センター南     
横浜都筑法律事務所
横浜で交通事故に強い弁護士なら横浜都筑法律事務所・電話045-350-8424

  • HOME

横浜・センター南 横浜都筑法律事務所

横浜で交通事故に強い弁護士なら横浜都筑法律事務所

  • HOME

交通事故に強い弁護士なら横浜都筑法律事務所


交通事故について横浜の弁護士をおさがしの方、このサイトへご来訪いただき、ありがとうございます。

横浜都筑法律事務所は、交通事故に強い弁護士事務所です。センター南駅近くにあり、弁護士事務所として開設16年になります。

交通事故の人身被害を長年にわたり弁護士業務の重点分野とし、豊富な経験を蓄積してきました。


弁護士に依頼して賠償金増額を


交通事故の賠償金は、弁護士に依頼すれば保険会社側の主張から増額できるケースが多数あり、横浜都筑法律事務所ではその実績を積み重ねています。

弁護士に依頼して賠償金増額をお考えの交通事故人身被害の方、ぜひご連絡ください。

交通事故賠償の実例


交通事故の人身被害について、横浜都筑法律事務所における賠償金獲得の実例をご紹介します(金額は端数を丸めてあります)。

慰謝料は常に増額の主要テーマで、ご依頼いただいたほぼ全ての交通事故被害で増額を実現しています。

頚椎捻挫(後遺障害非該当)

保険会社側の主張(円)   結果(円)
治療・通院 312,000   312,000
休業損害 0 132,000
傷害慰謝料 392,000 785,000
合計 704,000 1,229,000

足骨折等(後遺障害12級)

保険会社側の主張(円)   結果(円)
治療・通院 274,000   274,000
傷害慰謝料 360,000 1,070,000
後遺障害 8,030,000 14,300,000
合計 8,664,000 15,644,000

ほかにも、横浜都筑法律事務所における交通事故の解決事例をメニューからご覧いただけます。

弁護士の無料相談


交通事故の人身被害について、横浜都筑法律事務所では弁護士の無料相談を行っています。

  • 交通事故で弁護士に依頼するタイミングは?
  • 依頼して費用倒れにならない?
  • 慰謝料の適正額は?
  • この交通事故の過失割合は?
  • 賠償金提示への対応は?

など、多くのご相談が寄せられています。

交通事故の人身被害でお困りの方、お問い合わせください。
   お問い合わせページへ   

交通事故のお取り扱い内容


交通事故について、横浜都筑法律事務所では、①人身被害で、②加害者が車かバイク、③任意保険会社が交渉相手の場合を弁護士業務における基本的なお取り扱いとしています。

相手が自転車の事故は状況によります。お問い合わせいただけますでしょうか。

物損のみの交通事故はお取り扱いをしておらず、予めご了承お願いいたします。


ここからは、交通事故の過失割合、交通事故の怪我の賠償、死亡事故の賠償についてご案内します。


交通事故の過失割合


過失割合について、横浜都筑法律事務所でお受けした案件では、交差点での一時停止規制や優先道路に関して過失割合が問題となるケースが特に多くなっています。

以下のページから、事故類型ごとに分類した認定基準をご覧いただけます。
    交通事故の過失割合    

交通事故の怪我の賠償

交通事故で怪我をした場合の賠償項目について、横浜都筑法律事務所の弁護士による解説ページをご案内します。

実情に応じた具体的なことにつきましては、弁護士にご相談いただければと思います。
(クリックでページ移動します)

〈症状固定前〉

交通事故の治療期間の賠償 

症状固定までが交通事故賠償の治療期間となります。
その間の賠償項目や、争いが生じた場合などについてご案内します。

治療費・通院交通費    

賠償は交通事故による怪我との関係で必要・相当な範囲になります。
付添費や雑費など通院・入院の関連費用についてもご案内します。

治療費の打ち切りについて 

治療中に打ち切りを通告されてお困りの方から、弁護士へ多くのご相談が寄せられています。
交通事故の治療費打ち切りについて、保険会社の考えや対応・注意点などを解説します。

休業損害(休業補償)   

交通事故の休業損害について、計算方法や、職種・労働形態ごとの基礎収入などについて解説します。
当事務所では、給与所得や主婦(家事)の休業損害が問題となるケースが多数です。

傷害慰謝料の計算     

交通事故の慰謝料は、民法710条の「財産以外の損害」に対する賠償です。
自賠責基準や弁護士基準の計算などを解説します。
当事務所では、保険会社と増額交渉をして解決した事例を多数積み重ねています。

〈症状固定後〉

後遺障害等級【部位別】  

交通事故の後遺障害等級は、自賠法施行令の別表に規定され、身体の部位と障害の内容・程度によって分類されています。
むちうち、上肢、下肢、外貌醜状、可動域制限、脊柱・体幹骨、脊髄や、目、耳、鼻、口など部位別にご案内します。

後遺障害の認定      

後遺障害認定の申請は被害者請求と事前認定の2種類あり、当事務所は被害者請求を原則としています。
認定に不服な場合は異議申立ができます。

後遺障害逸失利益     

後遺障害の影響で将来にわたって得ることができなくなった収入であり、当事務所の案件では争点となることがよくあります。
適切な賠償を実現するために、計算方法、基礎収入、労働能力の喪失率・喪失期間などを解説します。

後遺障害慰謝料      

交通事故の慰謝料は、民法710条の「財産以外の損害」に対する賠償であり、後遺障害慰謝料の額は、等級や弁護士基準の適否などによって変わります。
当事務所では、保険会社主張からの増額事例を多数蓄積しています。

死亡事故の賠償

死亡交通事故が起きると、ご遺族は、お通夜・お葬式や役所などの手続があり、警察・検察への対応も始まり、そうした中で、損害賠償請求の準備をすることになります。

これまで横浜都筑法律事務所でご依頼を受けた案件では、逸失利益と慰謝料が必ず争点になっています。

死亡事故の損害賠償    

損害賠償項目、刑事裁判記録の検討、示談交渉などについて弁護士が解説します。
(クリックでページ移動します)

このページの著者弁護士滝井聡の顔写真
このページの著者

 弁護士 滝井聡
  神奈川県弁護士会所属
    (登録番号32182)

※コロナ等感染症の対策は引き続き行っております。