• HOME
  • >
  • 死亡事故の損害賠償

死亡事故の損害賠償

  • HOME
  • >
  • 死亡事故の損害賠償

逸失利益・慰謝料が争点

死亡事故が起きると、ご遺族の方々は、突然のことで困惑し、怒りや悲しみの中にいらっしゃると思われます。
そうした中、お通夜・お葬式や役所の手続などがあり、警察や検察による刑事手続への対応も始まります。

そして、民事上は、加害者側に対する損害賠償請求の準備をすることになります。
死亡事故の損害賠償では、死亡による逸失利益と慰謝料が争点になりがちです。

それらの検討には、法律、判例、手続、保険会社の考え方など様々な知識と経験が必要となります。
死亡事故のご遺族の方々には、早めに弁護士にご相談・ご依頼なさることをおすすめします。

死亡事故の示談折衝

死亡事故の加害者が任意保険に加入していれば、通常、その保険会社からご遺族へ連絡が来ます。
そして、ご遺族からの損害賠償請求や、保険会社からの賠償提示を経て、示談折衝となります。
死亡事故の示談折衝について、以下のページで解説します。
 死亡事故・保険会社との折衝


死亡事故の損害賠償項目

死亡事故の主な損害賠償項目は以下のとおりです(ただし、ここに列挙するものだけとは限りません)。
 

死亡による逸失利益

死亡したことにより失われる収入に対する損害賠償です。
稼働収入のほか、家事従事者の家事労働や、年金収入・恩給収入の逸失利益も問題となりえます。
以下のリンクから解説ページへ移動できます。
 死亡事故の逸失利益    
 

死亡慰謝料

死亡による精神的苦痛に対する損害賠償です。
被害者の方ご本人の慰謝料請求権をご遺族(相続人)が相続し、それとともに、近親者にも固有の慰謝料請求権が発生します。
以下のリンクから解説ページへ移動できます。
 死亡事故の慰謝料     
 

葬儀関係費用

死亡事故における葬儀関係費用の賠償額は、弁護士基準では原則として150万円とされ、裁判でも150万円程度が認められる傾向にあります。
保険会社からの示談提示では、それより低額になっていることが多く見受けられます。
なお、香典返しや弔問客接待費は、損害として認められません。
 

治療関係費用

死亡事故であっても、しばらく治療を受けた後でお亡くなりになることがあります。
この場合、治療関係費用の損害賠償が発生します。
 

訴訟で付加する損害賠償請求

訴訟では、弁護士費用の損害賠償と遅延損害金の賠償も請求します。


刑事事件としての死亡事故

死亡事故では、刑事事件として、加害者が検察から裁判所へ起訴されて、有罪判決を受けることが多くあります。
その場合、裁判での記録として、起訴状、判決または略式命令、実況見分調書、各種の捜査報告書、加害者の供述調書や、目撃者がいればその供述調書など、各種の刑事記録を取り寄せることができます(部分的に黒塗りはあります)。

これらは、民事上の損害賠償において、事故態様、過失割合や、ときには慰謝料の増額事由に関する資料となりえます。
その分析のためにも、死亡事故のご遺族の方には、損害賠償請求を弁護士にご依頼なさることをおすすめします。