保険会社への対応

怪我の治療中は随時対応

交通事故で怪我をした場合、加害者が任意保険に加入していれば、通常、事故から間もない時期に、その保険会社から電話や書面で連絡が来て、被害者としての対応が始まります。

加害者が任意保険に加入している場合に保険会社が窓口になって、自賠責保険と任意保険を一括して取り扱うことを「一括対応」といいます。
その一括対応により、治療中、保険会社からの連絡は随時続けられ、被害者は随時対応していくことになります。


病院への同意書に署名の要請

交通事故の加害者側の保険会社は、被害者へ、損害賠償等の説明書、通院交通費明細書、休業損害証明書、振込口座の記載用紙など様々な書類を送付してきます。
それとともに、治療費について病院が保険会社からの直接払いを受け付ける対応をしている場合、保険会社が、その病院へ提出するための同意書を送付してきて署名・捺印を要請してきます。
その同意書は、病院から保険会社へ、被害者の医療情報や診断書・診療報酬明細書等を提供することについて同意する内容になっていて、これに被害者は対応することになります。

被害者から随時賠償請求

交通事故の被害者の対応として、治療中から、保険会社に対し損害賠償請求を随時に進めることができます。
治療費について、事故直後は被害者ご自身で支払った場合や、病院が保険会社からの直接払いを受け付ける対応をしていないため被害者ご自身で支払っている場合、随時、その賠償請求をすることができます。 

病院が保険会社からの直接払いを受け付ける対応をしている場合は、被害者が前項で述べた同意書に署名・捺印して保険会社へ提出すれば、保険会社が直接支払います。
これも、損害賠償の一環です。

さらに、通院交通費や、入院すればそれに伴う様々な費用、仕事を休んで収入が減ったら休業損害など、様々な損害賠償の請求が生じていきます。

治療期間の賠償について、具体的なご説明は以下からご覧いただけます。

保険会社からの面会要請

交通事故からしばらくすると、保険会社から面会を求められることがあります。
その対応については、ぜひ弁護士にご相談ください。

保険会社からの治療費打ち切り通告

保険会社からの治療費支払いの打ち切り通告については、以下のページでご説明しています。

治療に専念するために

交通事故で怪我をした場合、保険会社への対応は、治療や日常生活と並行して続いていきます。
治療に専念するために、弁護士にお任せなさることをおすすめします。



「交通事故後の対応」冒頭ページへ、以下をクリックして移動できます。
 交通事故後の対応