• HOME
  • >
  • 交通事故の症状固定

交通事故の症状固定

  • HOME
  • >
  • 交通事故の症状固定

症状固定日の重要性

交通事故で怪我をした場合、症状固定に至ると、その日をもって治療費、休業損害、傷害慰謝料など治療期間の損害賠償の発生が終了し、症状固定日を過ぎて治療を続けても、その費用は賠償されなくなるのが原則です。

症状固定後は、後遺症の問題となり、後遺障害が認定されれば、それによる逸失利益と慰謝料の賠償が算定されます(ただし、事案によっては逸失利益の有無が問題となることはあります)。

このように、症状固定日は、 治療期間の賠償の終期となり、 後遺障害が認定された場合の賠償の始期ともなって、それがなければ損害賠償の全体像が確定できなくなるという重要な役割を果たしています。

その症状固定の意味や判断などについて、以下ご説明します。


症状固定とは

症状固定とは、怪我について、これ以上治療を続けても症状が変わらない状態になることです。

症状が残っていても症状固定に達することはあり、それは文字通り症状が固定した状態ということになります。

とはいえ、ご自身で症状が完全に固定したと感じることはほとんどなく、体の状態や、気温・湿度、薬などによって症状の感じ方は変化し、一進一退の感になることが多くあります。

そのようなときでも、症状の原因がこれ以上治療を続けても変わらない状態になると、症状固定とされます。

裁判における定義

交通事故の裁判では、症状固定についてさらに厳密に定義づけする必要が生じます。

症状固定について裁判における定義としては、「医学上一般に承認された治療方法をもってしても、その効果が期待しえない状態であることを前提に、自然的経過によって到達すると認められる最終の状態」などとされています。

症状固定までが治療期間

交通事故の治療が損害賠償の対象となるのは症状固定までであり、それまでが治療期間となります。
治療期間の賠償のページをご案内します。
 交通事故の治療期間の賠償 

症状固定後は後遺症の問題

症状固定は必ずしも怪我が完治した状態をいうのでなく、むしろ、何らかの症状すなわち後遺症が残ることが多いのが実情です。
後遺症の賠償のページをご案内します。
 交通事故の後遺症の賠償  


症状固定の判断

症状固定日は、怪我による損害の全体像を把握するうえで確定することが必要となります。

このため、治療の過程で症状固定の判断をする必要があり、その時期について治療後に争いが生じたときには、いつが症状固定だったかを判断する必要があります。

治療過程における症状固定の判断

症状固定について、治療の過程で判断するのは治療を継続してきた医師(主治医)です。

ただし、医師が症状固定の判断をする過程で、自覚症状を基にした被害者本人の意見を尊重する例が多く見受けられます。
被害者としては、症状固定について医師と話し合いをするという感覚でいるのがいいと思います。

また、医師が症状固定の判断をする過程で、保険会社による治療費の打ち切りについてどの程度考慮するかは事案によって様々です。

保険会社は、そろそろ症状固定になるという見解を基に治療費の打ち切りを被害者へ通告してくることが多くあり、具体的には以下のページをご覧いただければと思います。

治療後の争いにおける症状固定の判断

治療後に、いつ症状固定したのか被害者と加害者(その保険会社)とで主張が異なって争いになると、示談交渉はまとまりません。

そのときは、症状固定日について裁判所に判断してもらうということになります。

症状固定日を裁判官が判断する要素としは、主に以下のようなことが挙げられます。

  • 怪我の内容
  • 症状の内容・推移
  • 治療の内容・経過
  • 検査結果
  • その怪我について症状固定に至る通常の期間
  • 事故状況(衝撃の程度など)