• HOME
  • >
  • 交通事故の解決までの流れ

交通事故の解決までの流れ

  • HOME
  • >
  • 交通事故の解決までの流れ

示談の成立・不成立が分岐点

交通事故で怪我をした場合、事故の発生から、損害賠償金を受領して解決するまでの流れは、主に以下の通りです。
死亡事故の場合、被害者の方がお亡くなりになった後のご遺族の対応は、以下の図では⑤からになります。

示談交渉によって示談が成立するか不成立かが大きな分岐点です。

  • 下線箇所はクリックすれば該当ページへ移動できます。

①交通事故の発生

 

②治療(入院・通院)

早めのご相談をおすすめします

③症状固定

(これ以上治療を続けても変わらない状態)
 後遺症が残った場合

 

④後遺障害等級認定

 

⑤損害賠償の提示又は請求

 

⑥示談交渉

遅くともこの時までにご相談を

①交通事故の発生

 

②治療(入院・通院)

早めのご相談をおすすめします

 

③症状固定

(これ以上治療を続けても変わらない状態)
 後遺症が残った場合

 

④後遺障害等級認定

  

⑤損害賠償の提示又は請求

 

⑥示談交渉

遅くともこの時までにご相談を

示談は成立か不成立か

⑦示談成立

  • 矢印

⑦示談不成立

  • 矢印
    裁判(訴訟)の準備

 

⑧裁判(訴訟)提起 

  • 矢印
    主張・立証
  • 和解協議

⑨判決または和解

  • 矢印
      損害賠償金の受領      
  損害賠償金の受領  

なお、以上が全てとは限りません。
⑦で示談不成立の場合、調停や裁判外紛争解決手続(ADR)を選択することも考えられます。