横浜・センター南 横浜都筑法律事務所

交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所
お問い合わせ電話番号

死亡事故・保険会社との折衝

死亡事故・
保険会社との折衝

死亡交通事故と保険会社の対応

死亡交通事故で被害者の方がお亡くなりになると、一般的には四十九日を過ぎた頃から、加害者側の保険会社が、ご遺族(相続人)の方に対し、損害賠償額を提示して示談の申入れをしてきます。



賠償提示を弁護士基準と対比

死亡交通事故のご遺族の方へ保険会社が賠償提示してくる金額は、弁護士基準(裁判基準)に比べ低額になっているのが一般です。

示談交渉

保険会社の賠償提示額は、死亡交通事故の場合、葬儀関連費用、死亡による逸失利益や慰謝料などの損害賠償項目があります。
また、事故の態様によっては保険会社が過失割合を主張してくることもあり、その場合、賠償提示額は総額が過失相殺されています。
これらに対する示談交渉では、法律、判例、手続、保険会社の考え方など、交通事故損害賠償に関する知識と経験が必要です。
保険会社による賠償提示・示談申入れがあったら、弁護士にご相談なさるべきです。

刑事手続も進行

以上に加え、加害者に対する警察・検察、あるいは裁判所の刑事手続も進行し、これらが民事上の損害賠償にも関係してくるのが通常です。

弁護士による折衝

損害賠償請求を弁護士に依頼すると、通常、保険会社による賠償提示の前であっても後であっても、弁護士から弁護士基準で賠償請求し、折衝します。
死亡交通事故の損害賠償請求は、弁護士にご依頼なさることをおすすめします。

交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内