横浜・センター南 横浜都筑法律事務所

交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所
お問い合わせ電話番号

  • HOME
  • >
  • 交通事故の後遺症の賠償

交通事故の後遺症の賠償

交通事故の後遺症の賠償

交通事故の症状が残存した場合

交通事故による怪我について、治療費の賠償対象となる治療は、必ずしも完治したときに終了するのではなく、これ以上治療を続けても症状が変わらない状態(症状固定)に達したときに終了します。
このため、痛みや痺れ、可動域制限など交通事故による怪我の症状が治療後に残存することがあります。そのように症状が残存した場合の症状を、後遺症といいます。
(なお、ここでいう治療とは、上記のとおり治療費の賠償対象となる治療のことであり、その後も自費で治療を続けることはあり得ます)



後遺症による逸失利益や慰謝料が問題に

交通事故による後遺症が残存した場合、その後遺症によって仕事に支障が生じて、収入が減るのではないか心配になると思われます。また、これからも後遺症によってつらい思いをするかもしれません。
そこで、後遺症によって生じる逸失利益(減収)に対する賠償や、後遺症に対する慰謝料を、加害者に請求できないかが問題となります。

逸失利益や慰謝料は後遺障害に該当の場合

交通事故の後遺症による逸失利益(減収)に対する賠償や、後遺症に対する慰謝料は、後遺症が残存したことによって直ちに認められるわけではありません。
それらの賠償が認められるのは、後遺症が後遺障害に該当する場合です。そして、後遺症が残っても、後遺障害に該当しない場合もあります。
後遺障害に該当すれば、基本的には、将来の逸失収入(減収)すなわち後遺障害逸失利益に対する賠償と、後遺障害慰謝料が生じます。
後遺障害逸失利益のページ、後遺障害慰謝料のページへは、メニューボタンのほか、以下の各リンクからも移動できます。

交通事故後遺障害の認定・等級

交通事故の後遺症が後遺障害については、該当するかどうか認定する制度があり、後遺障害に該当すると認定される場合は等級の認定もされます。後遺障害の認定、後遺障害の等級それぞれのページへ、メニューボタンのほか、以下の各リンクからも移動できます。

後遺障害は労働への影響の問題

後遺障害は、労働能力への影響を問題とし、後遺症によって、労働能力の一定程度以上の低下または喪失という障害が生じた状態のことです。
その類型は、上記リンク先の「交通事故後遺障害の等級」ページに記載するとおり、自動車損害賠償保障法の施行令に規定されています。痛み、しびれ、可動域制限などの後遺症が事実的な概念であるのに対し、後遺障害は法的な概念です(ただし、後遺症と後遺障害の各用語は厳密に区別しないで使用されることもあります)。 

交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内