横浜・センター南 横浜都筑法律事務所

交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所
お問い合わせ電話番号

  • HOME
  • >
  • 死亡事故の賠償

死亡事故の賠償

死亡事故の賠償

死亡事故のご遺族の方へ

死亡交通事故が起きると、ご遺族の方々は、突然のことで困惑し、怒りや悲しみを抱えられることと思われます。そうした中、お通夜・お葬式や役所の手続などがあり、警察や検察による刑事手続への対応も始まります。
そして、民事上は、加害者側に対する損害賠償請求の検討や資料収集をすることになり、保険会社から連絡が来て対応に苦慮することも起こりえます。死亡事故被害者のご遺族の方々には、早めに弁護士にご相談・ご依頼なさることをおすすめします。



死亡事故の損害賠償項目

死亡交通事故の主な損害賠償項目は以下のとおりです(ここに列挙するものだけとは限りません)。
具体的には、なるべく早めに弁護士にご相談なさることをおすすめします。

治療関係費用

死亡事故であっても、しばらく治療を受けた後でお亡くなりになることがあります。この場合、治療関係費用の損害賠償が発生します。

葬儀関係費用

葬儀関係費用は、150万円程度の賠償が認められる傾向にあります。香典返しや弔問客接待費は損害として認められません。

死亡事故の逸失利益

死亡による収入の喪失に対する賠償です。以下のリンクから解説ページへ移動できます。

死亡事故の慰謝料

死亡による精神的苦痛に対する賠償です。以下のリンクから解説ページへ移動できます。

訴訟で付加する請求

訴訟では、弁護士費用と遅延損害金も請求します。



保険会社からの賠償提示

死亡交通事故で被害者の方がお亡くなりになると、加害者が任意保険に加入していれば、通常、その保険会社が償額提示をして示談の申入れをしてきます。
この点については、以下のリンクから解説ページへ移動できます。

交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内