車同士・一時停止規制の過失割合

一時停止規制と出合い頭事故

車同士の過失割合

車(四輪車)同士が、一方に一時停止規制があり、信号機のない交差する道路をそれぞれ直進してきて衝突した出合い頭事故について、過失割合の認定基準をご案内します。
一時停止規制側の過失が基本としては重く、速度の状況や一時停止の有無によって過失割合の程度を変え、そこへ、著しい過失や重過失がある場合には修正するものとしています。
著しい過失・重過失のご説明はこちら



同速度の場合の過失割合

  A
一時停止の有無
 速度等 同程度の速度 
基本過失割合 20 80



Aに著しい過失 +10  
Aに重過失 +20  
 Bに著しい過失 -10  
 Bに重過失 -20  

一方が減速した場合の過失割合

一時停止規制のある側のみ減速

  A
一時停止の有無
速度等 減速
せず
減速
基本過失割合 30 70



Aに著しい過失 +10  
Aに重過失 +20  
 Bに著しい過失 -10  
 Bに重過失 -20  

一時停止規制のない側のみ減速

  A
一時停止の有無
速度等 減速 減速
せず
基本過失割合 10 90



Aに著しい過失 +10  
Aに重過失 +20  
 Bに著しい過失 -10  
 Bに重過失 -20  

  • Aが徐行していたのに対し、Bが減速していなかった場合は、Aの基本過失割合は0と考えるのが相当とされています。

一時停止した場合の過失割合

  A
一時停止の有無
速度等 B一時停止
基本過失割合 40 60



Aに著しい過失 +10  
Aに重過失 +20  
 Bに著しい過失 -10  
 Bに重過失 -20  


著しい過失・重過失

修正要素のうち、著しい過失・重過失については、以下のページでご説明しています。
 著しい過失・重過失