脊髄損傷

脊髄損傷の後遺障害は麻痺が残る

脊髄損傷は、脊髄を保護している脊椎に強い外力が加わることによって生じます。
その脊髄損傷による後遺障害は、損傷した脊髄から出ている神経(脊髄神経)に支配された領域の上肢や下肢に麻痺が残ります。
 
この脊髄損傷による麻痺は、臨床的には次のとおり大別されています。

  • 完全麻痺・・・感覚、運動機能および深部反射が完全かつ持続的に消失した状態。
  • 不完全麻痺・・・感覚、運動機能あるいは深部反射が部分的には残っている状態。

 
交通事故における脊髄損傷の後遺障害等級は以下のとおりです。


脊髄損傷の後遺障害等級

交通事故における脊髄損傷の後遺障害は、介護を要する後遺障害の1、2級と、その他の後遺障害の3、5、7、9、12級に分類されています。
それぞれ認定基準は以下のとおりです。

  • 脊髄損傷による麻痺について「四肢麻痺」「対麻痺」など範囲による区分と、「高度」「中等度」「軽度」という程度による区分があり、これらについてはこのページの後段でご説明します。

 

脊髄損傷による介護を要する後遺障害

(自賠法施行令の別表第1)
 
1級1号
脊髄損傷による症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について常に他人の介護を要する状態であり、以下が該当するとされています。

  • 高度の四肢麻痺が認められる。
  • 高度の対麻痺が認められる。
  • 中等度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要する。
  • 中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要する。

 
2級1号
脊髄損傷による症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について随時介護を要する状態であり、以下が該当するとされています。

  • 中等度の四肢麻痺が認められる。
  • 軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要する。
  • 中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等について随時介護を要する。

 

脊髄損傷によるその他の後遺障害

(自賠法施行令の別表第2)
 
3級3号
生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、脊髄損傷による症状のために労務に服することができない状態であり、以下が該当するとされています。

  • 軽度の四肢麻痺が認められる(2級1号の2つめに該当する場合を除く)。
  • 中等度の対麻痺が認められる(1級1号の4つめ又は2級1号の3つめに該当する場合を除く)。

 
5級2号
脊髄損傷による症状のため、きわめて軽易な労務のほかに服することができない状態であり、以下が該当するとされています。

  • 軽度の対麻痺が認められる。
  • 一下肢の高度の単麻痺が認められる。

 
7級4号
脊髄損傷による症状のため、軽易な労務以外には服することができない状態であり、以下が該当するとされています。

  • 一下肢の中等度の単麻痺が認められる。

 
9級10号
通常の労務に服することはできるが、脊髄損傷による症状のため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限される状態であり、以下が該当するとされています。

  • 一下肢の軽度の単麻痺が認められる。

 
12級13号
通常の労務に服することはできるが、脊髄損傷による症状のため、多少の障害を残す状態であり、以下が該当するとされています。

  • 運動性、支持性、巧緻性及び速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残す。
  • 運動障害は認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められる。

脊髄損傷による麻痺

脊髄損傷の後遺障害等級認定における、麻痺の範囲と程度による区分は以下のとおりです。
 

脊髄損傷による麻痺の範囲

  • 四肢麻痺
    • 両手と両足
  • 片麻痺
    • 片側の手と足
  • 対麻痺
    • 両手または両足
  • 単麻痺
    • 片手または片足

 

脊髄損傷による麻痺の程度

  • 高度
    • 障害のある上肢または下肢の運動性・支持性がほとんど失われ、障害のある上肢または下肢の基本動作(下肢においては歩行や立位、上肢においては物を持ち上げて移動させること)ができないもの。
  • 中等度
    • 障害のある上肢または下肢の運動性・支持性が相当程度失われ、障害のある上肢または下肢の基本動作にかなりの制限があるもの。
  • 軽度
    • 障害のある上肢または下肢の運動性・支持性が多少失われており、障害のある上肢または下肢の基本動作を行う際の巧緻性及び速度が相当程度損なわれているもの。

脊髄損傷で併発する症状

脊髄損傷により併発する症状として、循環障害(心拍出量の低下、徐脈、血圧低下)、呼吸障害、排尿排便障害などがあります。