むちうち(頚椎捻挫等)

むちうちの後遺障害等級

交通事故にあい、むちうちに悩まされている方は多くいらっしゃいます。
むちうちとは、事故の衝撃で首がむち打つように振られる態様の受傷です(傷病名は「頚椎捻挫」などいろいろあり、後段でご説明します)。
 
症状としては、手のしびれ、首の痛み、頭痛、めまい、自律神経症状など様々で、それらが治療によっても取れないことがあります。
それら残ったむちうちの症状は、後遺障害の等級としては、次の表のとおり12級、14級の可能性があり、また、後遺障害非該当とされることもありえます。

12級13号 局部に頑固な神経症状を残す
14級9号 局部に神経症状を残す
非該当 いずれにも該当しない場合

むちうちの等級認定

むちうちの後遺障害等級認定については、以下のとおりです。
 

後遺障害12級について

むちうちで残った症状が後遺障害12級に該当するためには、画像や神経学的所見といった他覚的所見から、その交通事故で生じた症状が脊髄や神経根を圧迫していることなどが、医学的に証明できることが必要とされています。
 

後遺障害14級について

むちうちで残った症状が後遺障害14級に該当するためには、症状の一貫性や治療経過、神経学的所見などから、その交通事故によってその症状が生じ残存していることが、医学的に説明可能であることが必要とされています。
12級は「証明」できることが必要ですが、14級はそれより程度が低く、「説明」可能かどうかが問われるということになります。 
 

むちうちの医学的資料

むちうちの症状について後遺障害認定をするうえでの医学的資料として、画像と神経学的所見があります。
画像としては、MRIによって脊髄や神経根への圧迫などが認められるかが重要です。
神経学的所見は、以下のような神経学的検査によって導き出されます

  • 反射テスト
  • 神経根症状誘発テスト(スパーリングテスト、ジャクソンテスト)
  • 筋力検査
  • 握力検査
  • 筋電図検査

 
むちうちになられた被害者ご本人としては、治療中、自覚症状を漏れなく医師に伝え、医師の指示に従って適切に通院することが重要です。
 

むちうちで生じる現象

むちうちは、頚部の筋繊維が過度に伸長または部分断裂させられたり、末梢神経が脊髄から分岐する神経根が刺激・圧迫等されたり、交感神経に異常を生じさせられたり、などの現象が起こるとされています。
そして、むちうちに関して医師の診断を受けて付けられる傷病名は、「頚椎捻挫」「外傷性頚部症候群」「外傷性頭頚部症候群」「頚部挫傷」「バレー・リュー症候群」など様々です。
(「むちうち」という言葉は医学的な傷病名ではありません)


むちうちは保険会社の打切りが早い

むちうちの治療については、被害者にとっては思いのほか早い段階で、加害者側の保険会社から治療費支払いの打切りを通告してくることがあります。
このため、むちうちになられたら、なるべく早い段階で弁護士に相談し、代理人として依頼なさることをおすすめします。