外貌醜状の後遺障害等級

外貌に傷跡が残る後遺障害

外貌醜状とは、顔、頭、首といった日常露出する箇所(=「外貌」。上肢・下肢以外)に、外傷、やけど、手術などの傷跡が醜状となって残る後遺障害です。
外貌の「著しい醜状」が7級、「相当程度の醜状」が9級、それらには至らない「醜状」が12級とされ、これら等級は男女の区別なく適用されます。

この外貌醜状について、どのような場合に後遺障害に該当するかということや、労働能力に影響はなく後遺障害逸失利益は認められないのではないかという問題などについて、以下ご説明します。

このほか、上肢・下肢の露出面の醜状についても14級の後遺障害とされており、このページの後段でご案内します。


外貌醜状の等級表

外貌に著しい醜状を残す 7級12号
外貌に相当程度の醜状を残す 9級16号
外貌に醜状を残す 12級14号

※この適用に男女の区別はありません。
 

後遺障害の該当性

ア  「外貌」とは、頭部、顔面部、頸部のごとく、上肢及び下肢以外の日常露出する部分をいいます。

イ 外貌における「著しい醜状」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます。

(ア) 頭部にあっては、てのひら大(指の部分は含まない。以下同じ)以上の瘢痕又は頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
(イ) 顔面部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕又は10円銅貨大以上の組織陥没
(ウ) 頸部にあっては、てのひら大以上の瘢痕

ウ 外貌における「相当程度の醜状」とは、原則として、顔面部の長さ5㎝以上の線状痕で、人目につく程度以上のものをいいます。

エ 外貌における単なる「醜状」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます。

(ア) 頭部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕又は頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損
(イ) 顔面部にあっては、10円銅貨大以上の瘢痕又は長さ3㎝以上の線状痕
(ウ) 頸部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕

オ 対象となる外貌の醜状は人目につく程度以上のものでなければならないから、瘢痕、線状痕及び組織陥没であって眉毛、頭髪等に隠れる部分については、醜状として取扱わないこととされています。

カ 顔面神経麻痺は、神経系統の機能の障害ではあるが、その結果として現れる「口のゆがみ」は単なる醜状として、また閉瞼不能は眼瞼の障害として取扱うこととされています。

 頭蓋骨のてのひら大以上の欠損により、頭部の陥没が認められる場合で、それによる脳の圧迫により神経症状が存する場合は、外貌の醜状障害に係る等級と神経障害に係る等級のうちいずれか上位の等級により認定されます。

 眼瞼、耳介及び鼻の欠損障害については、これらの欠損障害について定められている等級と外貌の醜状に係る等級のうち、いずれか上位の等級により認定されます。
 なお、耳介及び鼻の欠損障害に係る醜状の取扱いは、次によります。

(ア) 耳介軟骨部の2分の1以上を欠損した場合は「著しい醜状」とし、その一部を欠損した場合は単なる「醜状」とされます。
(イ) 鼻軟骨部の全部又は大部分を欠損した場合は「著しい醜状」とし、その一部又は鼻翼を欠損した場合は単なる「醜状」とされます。

ケ 2個以上の瘢痕もしくは線状痕が相隣接し、又は相まって1個の瘢痕もしくは線状痕と同程度以上の醜状を呈する場合は、それらの面積、長さ等を合算して等級を認定します。

コ 火傷治癒後の黒褐色変色又は色素脱失による白斑等であって、永久的に残ると認められ、かつ、人目につく程度以上のものは、上記に該当する範囲で、単なる「醜状」として取扱われます。
 

外貌醜状と後遺障害逸失利益・慰謝料

外貌醜状は、それ自体が物理的に身体の機能を障害するものではないことから、労働能力に影響はなく後遺障害逸失利益は認められないのではないかが問題となりがちです。
 
この点については、被害者の事故時の職業がどのようなものか、現にその仕事内容や収入に影響が生じているのかや、その職種・年齢等から将来の異動・転職に影響が及ばないかについて、外貌醜状の部位・内容・程度とのかねあいで検討されます。
 
また、労働能力への影響が認められない場合でも、外貌醜状を理由に対人関係が消極的になるなど後遺障害逸失利益で評価しえない損害について、精神的損害と評価して慰謝料の増額をもって補完することがあります。
ただし、そのような慰謝料の増額が必ずされるというものではありません。
 

外貌醜状と性別

外貌醜状に関し、後遺障害等級表では、平成22年6月9日までに発生した事故については男女の区別がされ、男性は女性より低い等級になっていました(同程度の醜状で比較した場合)。
 
しかし、平成22年6月10日以降に発生した事故については改正され、男女の区別をせずに上で掲げた等級表が外貌醜状に適用されるようになりました。


上肢・下肢の醜状の後遺障害

上肢の露出面に
てのひらの大きさの醜いあと
14級4号
下肢の露出面に
てのひらの大きさの醜いあと
14級5号

後遺障害の該当性

ア 上肢又は下肢の「露出面」とは、上肢にあっては、ひじ関節以下(手部も含む)、下肢にあっては、ひざ関節以下(足背部を含む)をいいます。

イ  2個以上の瘢痕又は線状痕」及び「火傷治癒後の黒褐色変色又は色素脱失による白斑等」に係る取扱いについては、外貌における場合と同様に取扱い、その範囲は、てのひら大の醜いあとを残すものが該当します。