死亡事故の慰謝料

死亡事故の慰謝料

慰謝料とは

慰謝料とは、精神的苦痛に対する賠償です。精神的苦痛とは、本来は目に見えないものですが、お金にするといくらで慰謝されるか評価します。

慰謝料とは

慰謝料とは、精神的苦痛に対する賠償です。精神的苦痛は本来は目に見えないものですが、お金にするといくらで慰謝されるか評価します。



死亡交通事故の慰謝料

死亡交通事故における慰謝料は、亡くなられた方の精神的苦痛に対する慰謝料請求権をご遺族(相続人)が相続し、また、亡くなられた方の近親者(父母、配偶者、子)には固有の慰謝料請求権が発生します。
 
これら慰謝料の総額として、日弁連交通事故相談センター東京支部は、次の通り一応の目安を示しています。

  • 一家の支柱の場合    2,800万円
  • 母親、配偶者の場合   2,500万円
  • その他の場合      2,000~2,500万円

死亡交通事故の慰謝料

死亡交通事故における慰謝料は、亡くなられた方の精神的苦痛に対する慰謝料請求権をご遺族(相続人)が相続し、また、亡くなられた方の近親者(父母、配偶者、子)には固有の慰謝料請求権が発生します。
これら慰謝料の総額として、日弁連交通事故相談センター東京支部は、次の通り一応の目安を示しています。

  • 一家の支柱の場合  2,800万円
  • 母親、配偶者の場合 2,500万円
  • その他の場合    2,000~2,500万円

慰謝料の増額事由

以上で述べた慰謝料の金額は、目安ににすぎません。
加害者の故意または重過失による事故の場合、慰謝料が増額されることがあります。例えば、無免許、ひき逃げ、酒酔い、スピード違反などが増額事由とされています。
また、加害者に著しく不誠実な態度があった場合も、慰謝料が増額されることがあります。例えば、証拠を隠滅した場合や、責任が明らかであるのに虚偽や不合理なことを言って責任の減免を主張した場合などが増額事由とされています。
ただし、明確な基準があるわけではなく、何かあれば必ず増額されるわけではありません。
横浜都筑法律事務所の弁護士が担当してきた死亡事故の案件では、死亡による慰謝料の増額がどこまで認められるかは、重要な争点となっています。

慰謝料の増額事由

以上で述べた慰謝料の金額は、目安ににすぎません。
慰謝料の増額事由として、加害者の故意または重過失による事故の場合や(無免許、ひき逃げ、酒酔い、スピード違反など)、加害者に著しく不誠実な態度があった場合(証拠隠滅、責任が明らかなのに虚偽や不合理なことを言って責任の減免を主張など)が挙げられています。
ただし、明確な基準があるわけではなく、何かあれば必ず増額されるわけではありません。

交通事故被害の弁護士相談MENU
交通事故被害の相談交通事故被害の相談

解決までの流れ解決までの流れ

保険会社との折衝保険会社との折衝

交通事故の慰謝料交通事故の慰謝料

自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準

交通事故の過失割合過失相殺交通事故の過失割合過失相殺

示談か裁判(訴訟)か示談か裁判(訴訟)か

交通事故に関する弁護士費用交通事故に関する弁護士費用

お問い合わせお問い合わせ

ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ

交通事故・お問い合わせの参考交通事故・お問い合わせの参考

事故直後~治療中の方へ事故直後~治療中の方へ

保険会社への対応保険会社への対応

警察への対応警察への対応

休業補償(休業損害の賠償)休業補償(休業損害の賠償)

治療費の賠償治療費の賠償

治療の留意点治療の留意点

治療中の賠償治療中の賠償

後遺症(後遺障害)の賠償後遺症(後遺障害)の賠償

後遺症・後遺障害後遺症・後遺障害

後遺症逸失利益の賠償後遺症逸失利益の賠償

死亡事故の賠償死亡事故の賠償

保険会社との折衝保険会社との折衝

死亡事故の逸失利益死亡事故の逸失利益

死亡事故の慰謝料

交通事故の解決事例①交通事故の解決事例①

交通事故の解決事例②交通事故の解決事例②

交通事故の解決事例③交通事故の解決事例③
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセス案内アクセス案内

当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由

プライバシーポリシープライバシーポリシー

サイトマップサイトマップ